商業施設新聞 2013年11月12日号<2面>に掲載されました

商業施設新聞 2013年11月12日号<2面>に掲載されました

商業施設新聞

ユニモちはら台 大幅改装

《大型衣料などを導入》

『ユニモちはら台 大幅改装《大型衣料などを導入》』ファーストブラザーズ(株)(東京都千代田区丸の内2−4-1、TEL:03‐5219‐5370)傘下のユニモマネジメント(株)(同)は、同社が運営管理を受託しているユニモちはら台(千葉県市原市)の大規模リニューアルを行い、11月29日に新規全店が開業する。

ユニモちはら台の所在地は、市原市ちはら台3‐4で、京成ちはら台から徒歩15分、茂原街道(県道14号)からのアクセスも良好というロケーション。敷地11万4,274㎡に3階建て延べ7万429㎡で、店舗面積は4万6,914㎡。190店を擁し、駐車場は2,400台で、2007年9月にオープンしました。

ユニモマネジメントが総合ディレクションを行い、店舗配置計画やテナントリーシングなど計画推進の実務を運営代理会社の丹青モールマネジメント(東京都台東区)が担当し、MDの最適化などを通じて新規出店や区画の見直し移設などを含め刷新してきた。

新たに出店するのは「H&M」「OLD NAVY」「GU」の大型ファストファッション業態をはじめ、「GLOBAL WORK」「AZUL by moussy」などのファッション専門店、さらには「Franc franc」などのライフスタイル雑貨店ほか26テナントとなった。併せて「ノジマ」など改装も43テナントにおよぶ。

これにより、「ヤオコー」「シネマックス」(シネマコンプレックス)などの既存テナントとの相乗効果を実現し、より幅広い顧客に様々な場面で利用されるショッピングセンターとなるものと期待される。